沿革

昭和23年 5月 岩手県国保連大原地方病院として開院。病床数20床。
昭和25年11月 岩手県立大原病院として県に移管改称。
昭和26年 8月 病院増築。病床数54床(一般30・結核24・町有伝染11)。
昭和28年12月 結核病棟新築。病床数85床(一般31・結核54・町有伝染11)。
昭和31年 4月 岩手県立大東病院に改称。
昭和32年10月 伝染病棟廃止。病床数74床(一般44・結核30)。
昭和37年 7月 伝染病棟新築。病床数89床(一般44・結核30・伝染15)。
昭和44年11月 現在地に移転新築。病床数69床(一般60・結核9)
昭和57年 3月 病床区分変更。一般病床69床。
平成 元年 3月 病院増改築第一期リハビリ棟完成。
平成 3年 3月 病院増改築工事完成。
平成 3年 4月 病床区分変更。一般病床140床。
平成 4年 3月 屋外リハビリ施設完成。
平成 5年11月 中村賞受賞。
平成 8年 3月 病院駐車場拡張整備。
平成11年 3月 MRI設置。
平成13年10月 「両磐地域リハビリテーション広域支援センター」指定。
平成15年 5月 第2病棟を「回復期リハビリテーション病棟」届出 (療養病棟)38床。54床から38床に変更、 一般86床・療養38床・総病床数124床。
平成16年11月 岩手県営医療貢献賞受賞。
平成17年 3月 CR X線画像システム設備整備。 病棟改修工事(一般80床・療養41床・総病床数121床)。
平成18年 7月 (財)日本医療機能評価機構による病院機能評価の認定(Ver.5.0)を取得。
平成19年 3月 環境マネジメントシステム(ISO14001)“認定
平成20年 4月

第1病棟(一般)40床休床。

※稼動病床数 81床  一般:40 療養(回復期リハ):41

平成20年 5月

第2病棟を回復期リハ病棟として届出(再)

平成21年 6月 脳血管等疾患リハビリテーション(Ⅰ)施設基準を届出
平成22年 2月 第2病棟の回復期リハビリテーション病棟入院料の施設基準を2から1に引き上げ
平成23年 3月 東日本大震災により被災。
平成23年 4月 外来診察を再開。回復期リハビリ機能を県立千厩病院へ移管
平成25年 6月 26年4月入院再開を目途に増改築工事を開始